戌年

2018/1/2 正月は火葬場がお休み編

皆さん、あけましておめでとうございます!

今年も始まりました(^_^)/~
柏市・我孫子市・印西市のお葬式・葬儀ならセレモニー天来!
営業部の野口でございます。

戌年という事で
今年は元旦に飼い犬を連れて
奥さんの実家の近くにある「佐野厄除け大師」に行ってきました。

結婚してから毎年行ってますが、今年は特に寒く感じました(-_-;)

さて、今日は
「お正月に具合の悪い方を抱えている方はどうすればよいのだっ」
という話を書こうと思います。

簡単に言うと「お正月に身内が亡くなった場合」です。

まずは火葬場のお話です。

ちなみに当社がメインで施行している
・ウイングホール柏斎場
・印西斎場
の2か所は公営斎場でございます。

公営という事で上記は地域の「自治体」が
運営しているという事になります。

ということで今年は1月1日~1月3日の三日間は
火葬することが出来ません。

葬儀社は24時間365日運営しておりますが
あくまで式場なので「火葬する事はできません」
よって、故人様は1月4日から火葬する事が出来るわけです。

皆様に理解して欲しいのが
「なんで火葬場は365日やってないんだぁ!!」

ではなくて・・・

「公営施設が土日も休まずに常に営業」という状況が
実を言うと普通ではないという事でしょうか・・・。

続きましてお葬式の話です。
じゃあ、「お正月に葬儀が出来ない」という事で
どういう事になるのかと言うと・・・・

1月4日からのお葬式が
混むだけです(-_-;)

なので、希望の日程が取れなくなったりします。
他社で「ドライアイス」や「霊安室使用料」が掛るところですと
金額も「うなぎ上り」に上がったりもします。

※ちなみに費用が掛ってもOKと言う方は
野田市の関宿斎場という火葬場であれば元旦からやっております。

ちなみに年始のお葬式の傾向は
2種類にわかれます・・

①お正月明けにすぐお葬式をする方
②1月7日以降にお葬式をする方  ですね

②のパターンは皆忙しいから正月開けて少ししてから
というパターンが多いです。

ちなみにお葬式を長期待つ場合の
故人様の遺体保全方法は大きく分けて3つあります。

①先に火葬してしまう!
②ドライアイスで持たせる!!
③エンバーミングを行う!!!

②のドライアイスで長期の保存をする場合は
なるべく早い納棺をして霊安室で温度が安定した状態で過ごす
というのが一番多い保全方法かと思います。
10日~15日くらいであれば何とかなります。
しかし「ご遺体」なので多少の変化はあります。

③エンバーミングを施して保存する場合は
体内の血液とホルマリン液を入れ替えて行う方法で
金額は多少掛りますが、30日経っても高品質な状態で
遺体を保全する事が可能となります。

じゃ・・いつお葬式の案内を出すの?
という質問ですが・・

あくまで経験に基づいてお応えしますと
早めは早めがよろしいかと思いますが
1月2日以降の方がよろしいかと思います・・・。

事前に具合の悪い方がいらっしゃる場合は
近くに居る地元の葬儀社さんに相談しておく方が
宜しいかと思います。

皆さんの一番不安なのは多分「知らない事」だと思います。
ネットの知識も地域での風習や宗派もお寺さんによって
若干変わる事があります。

年末年始に相談して不安のない状態で
年始を過ごして頂ければと思います。

「葬儀屋さんは上手に使ってナンボの物」です。

気軽にセレモニー天来に相談して下さいませ(笑)

まぁー年始はこんなもんで

それでは今年もよろしくお願いします!!

関連記事

セレモニー天来の葬儀のご相談・お問い合わせ
葬儀社セレモニー天来のスタッフブログ
葬儀に関する用語集

最新情報

アーカイブ

お急ぎの方も お急ぎでない方も ご相談・お見積りを承ります。

24時間365日いつでも対応(携帯OK)

04-7192-4444

最短30分でお迎え

資料・お見積り

火葬式16万円から / 家族葬37万円から

資料請求・お見積り(無料)
※お気軽にご連絡くださいませ。

葬儀社からと分からない封筒でもお送りできます。

PAGE TOP